中島コーチ流お家マッスル計画

こんにちは!

中島コーチでございます。


今回は家でできる筋トレと怪我の予防について書いていきます!


それでは!


目次

・家でできるトレーニング

・怪我の予防について


●家でできるトレーニング


中島コーチがおススメする家でのトレーニングを紹介します。


基本的には筋トレです。


スクールでも行う『プランク・腕立て伏せ・腹筋』この3つです!


普通じゃん(笑)と言われそうですが、家ではこれしかしていません。


サーキット形式にして、プランク1分・腕立て伏せ20秒・腹筋20秒これを2~3セットほど行います。種目ごとの休憩は30秒です。


お家で道具も使わずに簡単にできるのでぜひやってみてください!楽勝だったらセット数増やして頑張ってみてください!!


家ではありませんが、公園のブランコや鉄棒を使って懸垂もよくしています!

上半身が全体的に鍛えられるのでとてもおススメです!

家でのトレーニングも日々の積み重ねで必ず力になってくると思います。

ライバルに差をつけたい。目標タイムを切りたい。そんな君はぜひ今からトレーニングだ!


スクールでも筋トレのお誘い待ってます!(笑)


●怪我の予防について


中島コーチが主に行っている怪我の予防は、

『筋膜リリース』・『ストレッチ』です!



まず『筋膜リリース』から紹介していきます!


画像のような筒を使い、筋膜をゆるめ、血流を良くして張りやコリを軽減させます。


張りがあるところ(ふくらはぎならふくらはぎ)を筒の上に乗せて体重をかけてコロコロすることで張りが軽減されます。

マッサージで揉まれる感覚に近いかもしれません。


特に足の裏が張りやすいため、足の裏専用のものも持っています。


怪我は下から上に来るイメージがあります。足の裏からふくらはぎ、ふくらはぎから太もも、太ももから腰、という風に痛みが上がってきます(あくまで中島コーチの感覚です)


そのため足の裏が張ってきたら、すぐさまほぐすようにしています。


次に『毎日するストレッチ』を紹介していきます!


中島コーチが家で毎日行っているストレッチは、開脚です!

基本的にはお風呂上がりの血行が良い状態で行っています。


走るために使う太もも裏を伸ばすことと、股関節の可動域を広くできるよう行っています。

太もも裏を怪我すると、長い期間走れなくなる可能性もあるのでしっかりストレッチしておきましょう!






最後に番外編! 漫画の名言集です(笑)

中島コーチがトレーニングの際に頭に入れていること、それがこの名言です。

努力する際はまず自分を信じよう!この気持ちは大事ですね!

みんなのぜひ今後心の中に入れておいてください!




では今回はこの辺で!

また次回もよろしくお願いします!


 

アスリートリンクは佐賀県・福岡県で1100名が在籍する日本最大の陸上教室です!


「足が速くなって運動会で活躍したい!」

「かけっこで1番になりたい!」

そんな子どもたちの『足が速くなりたい!』を叶えます。

走ることが苦手な子は才能がないのではなく、速く走る練習方法を知らないことがほとんどです。

全てのスポーツの基本である走り方、学校では教わらない速く走る方法を

トップアスリートのコーチが楽しく、丁寧に、分かりやすく教えます!

まずは無料体験にお越しください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料体験はこちらをクリック!