【許田流試合ルーティン】許田コーチ

こんにちは。

コーチの許田です!

今回は試合やパフォーマンス向上についての内容です。

・試合前のルーティン

・パフォーマンス向上グッズ

・緊張との付き合い方

・試合前のルーティン


まず試合前のルーティンについてですが


許田コーチは大事な試合の10日前から調整練習に入ります。


試合から逆算して2日前に助走や跳躍の最終確認、4日前か5日前に最後の跳躍練習、その前身体の調子を見ながら動きにキレを出すためにウエイトを入れたり、スピード練習を入れています。

試合前の練習や準備の段階で結果は決まっているといっても過言ではなく、当日にいくら頑張っても結果はそれ以上でもそれ以下でもありません。

とにかく、自分が自信をもって試合に臨める準備をする事が大事だと思います。

許田コーチは特に試合の当日だからと言って特別なルーティーン(決まった動き)はありません。

その時の調子に合わせて1番良いパフォーマンスが出る様に動きます(慣れが必要ですが)

強いて挙げるなら、跳躍前、走り出す時の動作ぐらいでしょうか(笑)

・パフォーマンス向上グッズ

次にパフォーマンス向上グッズについてですが、これを身につければ、飲めばパフォーマンスが上がる!というアイテムがあると思います。

実際にパフォーマンスが上がるのかは分かりませんが、それによって不安が解消されたりメンタル面での補強に繋がれば使うのはアリだと思います。

許田コーチは物に頼らず、自分の力でパフォーマンスを上げる!という謎の意地を張っているので特に気にした事はありません(笑)

これも強いて挙げるなら試合や跳躍練習の時には必ず足首にテーピングを巻きます。

許田コーチは高校3年生の時にカカトと足首を大怪我した事があり、再発防止の為です。


それ自体がパフォーマンスを上げるというよりは、怪我の予防をする事により不安がなくなる、安心して全力を出せる事によってパフォーマンスが上がるというイメージです。

便利アイテムに頼りきりにならず、まずは自分の実力を上げ続ける事ができる上で使用して行くことが必要だと思います!

・緊張との付き合い方


最後に緊張との付き合い方についてですが

良いパフォーマンスを出す為には程よい緊張感は必ず必要です。

緊張している時に、緊張しないように、しないように!と思うとどんどん緊張して行くと思うし緊張は完全に無くなるものではないので

「緊張してきた、、これは良い緊張だ!いいパフォーマンスが出来るぞ!」

と思うようにしましょう!


緊張を無くす意識ではなく、緊張とうまく向き合う意識が大切だと許田コーチは思います!

日々の練習の中でも、緊張感を持って取り組む事が出来れば練習の質も高まります!

試合に向けてしっかりと準備して

程よい緊張感をもってベストなパフォーマンスが出来るよう頑張っていきましょう!!



 

アスリートリンクは佐賀県・福岡県・熊本県で1100名が在籍する日本最大の陸上教室です!


「足が速くなって運動会で活躍したい!」

「かけっこで1番になりたい!」

そんな子どもたちの『足が速くなりたい!』を叶えます。

走ることが苦手な子は才能がないのではなく、速く走る練習方法を知らないことがほとんどです。

全てのスポーツの基本である走り方、学校では教わらない速く走る方法を

トップアスリートのコーチが楽しく、丁寧に、分かりやすく教えます!