【最後の最後に掴み取った日本一】松尾コーチ

こんにちは!松尾コーチの番が回ってきました!


今回のブログでは、コーチの思い出の試合エピソードおすすめのシューズを紹介していきます!


松尾コーチの思い出の試合エピソードは、高校3年生(2017年)のU20日本選手権です!


松尾コーチが初めて日本一になった試合です🥇


この大会は、20歳以下の日本選手権で、大学1年生(早生まれは2年生)まで出場することができます!


松尾コーチはこの大会が高校陸上の引退試合でした。しかもこの時は、次の年のアジアジュニアの選考にも関わっていた気がします。


高校で行われる大きな大会には主にインターハイ、国体、そしてこのU20日本選手権があるのですが、インターハイ、国体は共に3位でとても悔しい思いをしていました。


さらに、長崎県の高校記録である47.15の更新もかかっていました(この試合までの松尾コーチのベストは47.24)


そんな色々と大事なものがかかった試合の決勝。事件が起こります。


フライングです。笑


幸い1発退場ではなかったのですが、あぶないですね、みなさんもフライングにはくれぐれも気をつけてくださいね笑


普通だったら緊張してしまうような場面ですが、この時はこんなんで引退したら笑いものだなーと考えていると何故か笑えてきて、緊張もほぐれてめちゃくちゃ笑顔になっていたことを覚えています!


そのおかげ??もあってか身体も軽く、スタートしてすぐに勝てると確信してました!いわゆるゾーンに入った状態だったと思います。


周りの音は全く聞こえず、ただ走ってて気持ちいい感覚だけで400m走ったはずなのにそんなにキツくないというとても考えにくい状況でした。異論は認めます。400m走ってキツくなかったのはこの試合だけなので笑


そんなわけで無事に1番でゴールすることができ、タイムも46.81で長崎県高校記録も更新することができました!


この後食べたうなぎはほんとに美味しかったです😋


この試合をきっかけに、海外遠征に行くことが出来たり、日本代表としてアジアジュニアに出場することもできました!この日本一がなかったら、今はもう陸上もしていなかったかもしれないなとたまに思ったりもしています😌






次はおすすめのシューズ、スパイクということですが、松尾コーチはHOKAのシューズを使っています!



このシューズ、特徴的なのが、とても厚底なところです!見た目からして重たそうですが、全然そんなことなくかなり軽いです!


コーチの仕事は基本的に立ちっぱなしになるので、このクッション性のある靴のおかげであまり足が疲れずに済んでいます!


シューズだけでなく、サンダルもHOKAのサンダルを使っていて、シューズ同様にクッション性が良くて、とてもおすすめです!


松尾コーチのお気に入りのサンダルはこの前の北山合宿で足を貫通してそこから抜けなくなり残念ながらさよならしましたが、2代目サンダルを購入しました笑


とても疲れにくくおすすめなのでぜひ履いてみてください!


 

アスリートリンクは佐賀県・福岡県・熊本県で1100名が在籍する日本最大の陸上教室です!


「足が速くなって運動会で活躍したい!」

「かけっこで1番になりたい!」

そんな子どもたちの『足が速くなりたい!』を叶えます。

走ることが苦手な子は才能がないのではなく、速く走る練習方法を知らないことがほとんどです。

全てのスポーツの基本である走り方、学校では教わらない速く走る方法を

トップアスリートのコーチが楽しく、丁寧に、分かりやすく教えます!

まずは無料体験にお越しください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料体験はこちらをクリック!