【アスリートリンクコーチ自己紹介⑭】松尾脩平コーチ

目次

●自己紹介

●座右の銘

●コーチになった理由


●自己紹介

名前:松尾 脩平(まつお しゅうへい)

出身県:長崎県

専門種目:200m/400m

自己ベスト:21.37/46.81

4月から新しくコーチとして加入した松尾コーチです!

子ども達からは「まっちゃん」や、もう一人松尾コーチがいるので「“新”松尾コーチ」など呼んでもらっています!

●座右の銘

ずっと大事にしていることがあって、それが

「自分のために走る、そして楽しむ」

ことです!


以前、ウサイン・ボルト選手が桐生選手に送っていた言葉です。その時私もちょうど記録や成績が伸びてきて周りからの期待に応えようとしすぎて逆に伸び悩んでしまっていた時でした。

この二人の対談を見ていて、スッと肩の力が抜けたのを今でも覚えています。

この言葉は陸上だけに限らず大事にしていて、どんなことでも楽しみながら、全部自分のためになると思いながら生活しています!

●コーチになった理由

松尾コーチがコーチになりたいと思った理由は

「陸上競技を通して子ども達の自信を作るきっかけになりたい!」

という思いからです。


松尾コーチのこれまでの主な成績は……

・2017年インターハイ3位、国体3位、U20日本選手権優勝

・2018年アジアジュニア6位

・2021年関東インカレ6位

・長崎県高校記録保持

などです!


ですが、この成績は全て松尾コーチが高校生、大学生になってからです。


じゃあ中学生までは??

実は、中学生まではそこまで足は速くなく、子どもの時は足も遅いのにカーブも曲がれず、親からは「ウリ坊」って言われていました笑。小学生の時は学校で足が速い方くらいだったのに、中学生になってちょっと足が速いからくらいのノリで陸上部に入りましたがもちろん市内の大会でも予選落ちばかりでした。

運動神経も良くなく、球技も体操種目も苦手です。これといった特技もなかったので自分に自信もなく、どちらかというと根暗な方だったかもしれません。

そんな松尾コーチが陸上で活躍できるようになったきっかけになったのが、たまたま学校で参加した練習会でした。その練習会でコーチに教えてもらったことがきっかけで、どんどん速く走れるように!中学校3年生の時には県大会に出場できるようにもなりました!

そこからは陸上だけは負けないからと自分に自信が持てるようになりました!

足が速いってだけで学校ではヒーローですし、モテますからね。(松尾コーチもモテるようになった気が…笑)

子どもがすごく好きで、学校の先生になりたいと思ったこともありました。ですが、学校の先生だと自分の競技にあまり集中することができないなと。大きな話になってしまいますが、シニアの選手になった今、もう一度日の丸を背負いたいと思っているので自分の競技の時間も欲しい…

そう思っているそんな時に出会ったのがアスリートリンクでした!自分のやりたいことが詰まっている会社だ!と思い段林コーチに連絡を取って今こうしてコーチとして活動できています。

まだ、入社して1ヶ月も経っていませんが、子ども達ととても楽しく過ごすことができていてこの仕事にとてもやりがいを感じています!

私自身、たった1回の練習会がきっかけで足が速くなりそこから自分に自信を持て、そこから成長し日本代表になることもできました。今は運動も苦手で足もあまり速くないかもしれなくても、ふとしたことで子どもは大きく変わります。それが自信に繋がるし、そんなきっかけを作るお手伝いができればなと思っています!



 

アスリートリンクは佐賀県・福岡県で1100名が在籍する日本最大の陸上教室です!


「足が速くなって運動会で活躍したい!」

「かけっこで1番になりたい!」

そんな子どもたちの『足が速くなりたい!』を叶えます。

走ることが苦手な子は才能がないのではなく、速く走る練習方法を知らないことがほとんどです。

全てのスポーツの基本である走り方、学校では教わらない速く走る方法を

トップアスリートのコーチが楽しく、丁寧に、分かりやすく教えます!

まずは無料体験にお越しください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料体験はこちらをクリック!