【感謝の気持ちを忘れずに】木村コーチ

こんにちは!

木村コーチです!

 

今回は私の思い出の試合エピソードおすすめのシューズについて話せたらと思います。

 

☆思い出の試合エピソード☆

4×100mRという種目で出場した丸亀全中山形インターハイといった大きな舞台で走ることできた経験は、印象に残っています。普段の大会とはまた違った緊張感、そして雰囲気がありました。その中で自分の走りをすることの大切さを学びました!

 


中学生から始めた陸上競技、その中で一番印象に残っている大会は、大学4年生のシーズン最初の記録会です。これまでの冬季練習とは違って、ウエイトトレーニングを強化したりと、しっかり練習を積んで臨んだ記録会となりました。それまでの走幅跳のベストは5m55でしたが、この記録会で5m83を跳び、大幅に自己ベストを更新することができました。5年以上、ベストを更新することができずに、もがき続け、時には心が折れそうな時期もありましたが、これまで支えて下さった方々への感謝の気持ちを忘れず、練習を続けてきて良かったなと思える記録会になりました.


恵まれた環境の中で、今も陸上競技を続けることができているということに感謝の気持ちを忘れず、自己ベスト更新を目指して頑張っていきたいと思います!!

 

 



☆おすすめのシューズ☆

私が愛用しているシューズはミズノのビルトトレーナーになります。


ソールがフラットなので、ドリルやスプリントでは、地面への「押し」を意識しやすいように感じます。例えば、重心の真下に足を接地することで地面からの反発をもらえます。これは中間~後半の走りにかけて、いかに力まず地面からの反発を利用して走るために必要な要素になってきます。

この反発を得ることができると、脚は自然と上がり後半も楽に走れるので、接地の感覚を良くしたい、バウンディングやスプリント、ウエイトトレーニングなどの地面への強い押しが必要となってくるトレーニングをやられる方、おすすめです

今回はこのへんで👋

また次回のブログでお会いしましょう💛

 

アスリートリンクは佐賀県・福岡県・熊本県で1100名が在籍する日本最大の陸上教室です!


「足が速くなって運動会で活躍したい!」

「かけっこで1番になりたい!」

そんな子どもたちの『足が速くなりたい!』を叶えます。

走ることが苦手な子は才能がないのではなく、速く走る練習方法を知らないことがほとんどです。

全てのスポーツの基本である走り方、学校では教わらない速く走る方法を

トップアスリートのコーチが楽しく、丁寧に、分かりやすく教えます!

まずは無料体験にお越しください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料体験はこちらをクリック!